直線上に配置

ささもと こどもクリニック News Letter vol.23 no.1 (2023.1.15)
Tel: 0424-98-4153(ヨイコサン)  Fax: 042-498-4154
http://sasakc.la.coocan.jp

 新年おめでとうございます。今年もよろしくお願いいたします。少しでもお役に立てるよう努めたいと思います。ご意見あればぜひお伝えいただければ、と思います。

【コロナ治療薬ゾコーバ】
 ゾコーバは昨年1122日に承認された国産初の経口新型コロナ感染症治療薬です。新型コロナウィルスが増殖するときに使われる酵素:3CLプロテアーゼを阻害することで増殖を防ぎ、新型コロナの症状を早く抑える効果があります。12歳以上小児・成人が適応で、発症3日以内に投与します。1日目は3錠、2-5日目は1錠ずつ服用します。

 この薬は発売の承認に際して、通常の要件をまだ満たしていないのにもかかわらず、緊急承認として認められました。つまり、コロナの流行が続いていて、さらなる治療薬が必要、という状況下で緊急性があったため特例として承認されたのです。そのため治験データも十分とはいえないため、処方に際しては、登録された医師が服用する患者さんに、薬の情報をきちんと説明し、同意書の取得が必要となります。そしてメーカーは安全性や効果などのデータを引き続き収集しないといけないことになっています。

 ゾコーバの発売前のデータですが、4640人に使用され、副作用は62人に見られましたが、不眠、頭痛、下痢、悪心嘔吐、蕁麻疹などで、薬との因果関係がありそうなものとしては重篤な副作用はありませんでした。しかし一緒に服用してはいけない薬がたくさんあります。それは、抗精神病薬、不整脈の薬、高脂血症の薬、睡眠導入薬、抗がん剤、結核の薬など、小児には関係がなさそうな薬がほとんどですが、てんかんの薬(テグレトール、ヒダントール等)は服用中の方もいらっしゃると思いますので注意してください。なお妊婦には使用できません。

 さて、効果ですが、治験の段階では、服用4日目にはコロナウィルスの量は減少していたのですが、コロナの12種類の症状については、有意な改善は見られなかったのです。ただオミクロンに共通する5つの症状(鼻汁鼻閉、喉の痛み、咳、熱、倦怠感)にしぼって、それらが回復するまでの時間をみると、偽薬を投与した場合は192時間だったのに対し、ゾコーバ投与群では167時間と約24時間短縮されました。

 小児のコロナ患者さん、そのほとんどは自然治癒するのですが、その中でもどういう例で使用するのが適切かというと、やはり慢性の病気を持っている方だと思われます。強く服用を勧めるわけではありませんが、当院でも用意はしていますので、希望される方はご相談ください。

【アレルギーひとくちメモ】
 あと1か月でスギ花粉の飛散が始まります。去る1226日に環境省がスギ雄花着花量の調査結果を発表しました。スギ雄花の着花量(花粉生産量)が多いと花粉量も増えます。そして着花量は夏の日照時間が長く、気温が高い場合に多くなるとされていますので、今年は多いかな、と思っていましたが、やはりその通りになりそうです。

 ここでは関東地方に限ってのことになりますが、結論としては着花量はこの十年で最大(東京、神奈川、栃木、群馬で最大。埼玉、千葉も前年よりは多い)でした。東京は、昨年の花粉量は例年よりは少なかったそうですので、今年は差が大きくて、症状にも影響するかもしれません。花粉症の方は早めに準備をしてください。なお、関東ではヒノキの雄花も極めて多い、と報告されています。

【お知らせ】
@院長の出張(調布市の健診)のため、1/16()の午後の外来は、受付:3時から、診察:3時半からとなります。

トップページへもどる

直線上に配置