直線上に配置

ささもと こどもクリニック News Letter vol.20 no.9 (2021.9.15)
Tel: 0424-98-4153(ヨイコサン)  Fax: 042-498-4154
http://sasakc.la.coocan.jp

 都内の新型コロナ感染者は減少してきましたね。このまま減ってくれれば重症者も減ってくると思います。調布市はワクチンの接種も順調に進んでいるようで、感染者も減少しています。気を緩めずに感染予防に気をつけたいものです。今月はコロナに関する話題です。

【濃厚接触者】
 市内の保育園でもコロナに感染した方が見られ、同じ部屋にいた子が濃厚接触者とされる例も見られています。また家族で一人感染すると、同居の家族は濃厚接触者となります。

 濃厚接触者とは、感染者(PCR陽性)から感染する可能性がある期間(発症2日前)に以下のような接触があるものです。同居もしくは車内・機内などの長時間の接触、マスクなしに看護・介護などで接触、患者の気道分泌液や体液に直接触れた、1m以内で感染予防策なしで15分以上接触、などで保健所が認定します。濃厚接触者となると、接触した翌日を第1日として、たとえ症状がなくても第14日までは外出自粛となります。通常第14日に保健所から連絡が来て、観察終了となります。

 それに対してPCR陽性が判明した感染者の場合は、症状が何もない人だと7-10日で観察終了、軽い症状だったら、症状が軽快してから3日たっていたら、最短10日で観察終了、もしくは症状軽快して翌日とその翌日のPCR陰性なら観察終了となります。意外なことに濃厚接触者では感染者よりも観察期間が長くなってしまいます。それは新型コロナの潜伏期が通常5日くらいですが、長いと14日くらいになることがあるためです。そしてもし観察中に発症してしまったら、またそこから新たに観察期間が始まることになるので、観察終了まではさらに延びてしまいます。

【アレルギーひとくちメモ】
 ワクチン接種後の失神。失神とは、一時的に脳への血流が減少することで意識を失うことを指します。そのような重い副反応として考えられるのが、ワクチンの成分による重篤なアレルギー反応:アナフィラキシーショックですが、実は頻度が最も多いのが迷走神経反射によるものです。

 迷走神経反射は様々な原因によって、副交感神経が強くなって血圧が低下するために、重力に逆らって脳に血液を送ることが出来なくなるために生じます。もちろん顔面蒼白になります。原因として、睡眠不足、疲労、朝礼などでの長時間の起立(女子に多いですね)、痛みや緊張などの精神的ストレス(採血やワクチンはこれにあたりますね)があります。通常、失神の前に頭がフラフラしたり、吐き気、発汗が起きたりすることが多いようです。失神はワクチン接種後15分以内に起きることが多く、転倒により頭の骨折に至った例もあります。

 予防のために接種後15分は必ず座って様子を見ていただいていますが、当院でも集団接種でも、迷走神経反射で具合が悪くなる方はいます。吐き気や発汗が見られたら、無理せずすぐに横になってください(それで脳への血流は確保されます)。また過去に迷走神経反射があった人、注射への恐怖が強い人、起立性調節障害の方は、お知らせください。あらかじめベッドに寝たままで接種すると、リスクが回避できます。

 迷走神経反射とアナフィラキシーショックは症状が似ていますが違うものです。アナフィラキシーショックは重度のアレルギー反応なので血圧低下だけでなく、他のアレルギー症状(蕁麻疹や喘鳴など)が見られます。アナフィラキシーショックはワクチンの何らかの成分によるものなので、2回目の接種は絶対にできませんが、迷走神経反射は、痛みなどが原因で、ワクチンの成分とは無関係なので、2回目は禁止、ということはありません。

【お知らせ】
(1)10/1(),8()の午後の診療は、院長の出張のため、受付3:00から、診察3:30からとなります

トップページへもどる

直線上に配置